大腸がんを早めに発見|進行を阻止して病気を克服しよう

検査方法や抗がん剤の進歩

女性

症状のないがんの発見方法

さまざまな臓器や身体組織に発生するがんの中でも、大腸がんは患者数が多く死亡率も高い病気です。死亡率が高い理由は、ある程度症状が進行しないと自覚症状が見られない点にあります。そのため発見が遅れるケースが多く、手術で切除しても再発したり他の臓器に転移したりします。大腸がんは早期発見さえできれば高い確率で完治できる病気でもありますから、いかに初期段階で治療を開始できるかが鍵となるのです。自覚症状がない段階にある大腸がんをいち早く発見する方法が1つだけあります。それは病院やクリニックを定期的に受診して検査を受けることです。内科や消化器内科・胃腸科といった診療科の多くでは、大腸がんを発見するための内視鏡検査を実施しています。痛みの少ない内視鏡を使いながらも、現在の技術ならごく初期の大腸がんでも見つけることができるのです。

抗がん剤も進化している

初期段階の大腸がんなら、負担の重い手術をしなくても済むケースが大半です。大腸の粘膜にできたがんの腫瘍部分を内視鏡で切除することにより、苦痛の少ない方法で根治できます。初期段階でこの方法を使って治療した患者は、大腸がんの再発もほとんど見られないと言われています。ある程度病状が進んでいるケースでは手術による切除が必要になります。抗がん剤治療が実施される例も多く、その場合は相応の副作用もあります。副作用の中でも吐き気は苦しいものですが、近年では効果の高い制吐剤も開発されてきています。抗がん剤自体も大きく進化しており、余命率を大幅に延ばしたという報告例のある抗がん剤も複数出てきました。将来的にはさらに効果の高い抗がん剤が開発される可能性もあります。今後は大腸がんの死亡率も低下していくものと予測されます。

血液をきれいにする治療

病棟

透析治療は、今ではそれを受ける人が年々増えています。生活習慣の乱れや食生活の変化も大きいのですが、高齢化の影響もあって避けられない状況となっています。岡山ではこうした状況から、たくさんの専門病院ができるようになり、患者の個人的な事情にも相談できる体制もできてくるようになりました。

Read More...

虫による感染症

看護師

グローバル化の進展や地球温暖化によって、日本では蚊やダニが媒介する感染症が増えている。感染症の検査や治療、予防接種などは、内科の病院で受けられる。内科の病院では、血液検査や免疫沈降などの検査で、感染症の検査をすることができる。

Read More...

こども病院の治療内容

女の人

伊丹市には小児科の病院やこども病院がある。小児科やこども病院は、乳幼児から中学生くらいまでの子供の病気の治療を専門に行っている。小児科の病院では子育ての指導も行っており、子育てに関するあらゆることを相談できる。

Read More...